手縫い屋『絹笑』


子どもの頃は、「元旦に針仕事をしたらあかん」って
おばあちゃんに言われていました。



でも、何となく炬燵に入っていると
針を持って何かを作りたい衝動に駆られるもの・・・・。

今日も早々から
小物入れの作り方をアップしたくて
針を持ってしまいました・・・


まずは、皆さま
あけましておめでとうございます。
どんなお正月を過ごされていますか

私は、だんなさんの実家に新年の挨拶に行ったり
昨日の「笑ってはいけない」を見たり
ニューイヤー駅伝を見たり

新聞に入っているクロスワードパズルをしたり
間違い探しをしたり・・・・

ほとんどいつも通りのお正月を過ごしています。



さて、早速ですが
小物入れの作り方をアップしたいと思います。



とにかく簡単に

障害のある人が作りやすい工程を考える

それが『絹笑 』が物を作る目的の一つです



なので、簡単に伝えることの出来る物は

どんどん伝えていきたいと思います


施設で縫い物をされている方はどうぞお試しくださいね




この小物入れは、バザーの商品としていただきました。

可愛らしくて、「作れそう」と思ったので試してみたら

ものすごく簡単に、しかも

やっぱり可愛らしく出来たんです。


それで、
ほっこりステーション(えんがわ工房)で
製品化に向けて練習中しているところです



準備するのは、3種類の布地とキルト芯

後は針やまち針、ハサミくらいがあれば大丈夫です。

18-01-01-06-32-22-968_photo





左から、内布、キルト芯の代わりのタオル、表布です。

18-01-01-06-50-10-559_photo

直径20センチの円形に切っています。
私は、お皿をそのままひっくり返して
型紙代わりに使いました。(施設では型を作っています)





18-01-01-06-55-21-945_photo

外表になるように3枚を重ね合わせてタックを取ります。

重なりは1センチくらいです(適当で大丈夫です)



18-01-01-06-55-28-474_photo

近くで見るとこんな感じ



18-01-01-07-03-52-181_photo

ぐるりと一周

待ち針で止めます


この状態で

内布がたるまないようにするのがコツです
  


18-01-01-07-04-55-221_photo

タックを取った所を仮止めしていきます。

私はこの部分を省略して待ち針のまま次の作業に移るのですが

利用者さんは、仮止めした方が次の作業がやりやすいみたいです。




18-01-01-07-08-44-348_photo

内回りの布が余って表布よりも出てくるので切りそろえます。
(省略しても良いです)




18-01-01-07-12-37-839_photo

口布は、バイヤスに取ります(伸縮する方が良いので布を斜めに切ります)

巾は5cmです。


18-01-01-07-14-05-923_photo

生地のミミを使うとほつれなくてやりやすいです。



18-01-01-07-16-02-028_photo


バイヤスの口布を少し引っ張り加減で待ち針を打つのが

綺麗にできるコツです。

18-01-01-07-17-13-971_photo




18-01-01-07-20-46-283_photo

8mmくらいの所を大きめの返し縫いで縫います。

力が加わる所ではないので細かく縫わなくても大丈夫ですが

布の厚みがあるので返し縫いをしてください。




18-01-01-07-26-17-243_photo

内側に縫い代を折り込んで待ち針を打ちます。




18-01-01-07-28-56-830_photo


ひっくり返して布の処理をします。

くけても良いし

かがってもいいです。



この時、口布を縫った縫い目が隠れるようにすると

出来上がりがきれいです。

キルト芯(又はタオル)で厚みがあるので

意外と縫いやすいです。




18-01-01-07-35-34-619_photo



こんな感じで出来上がりです。


17-12-31-20-00-24-665_photo

色とりどりに作ると

可愛い+楽しい感じに出来上がります。



玄関に置いても良し

化粧品を整理するにも良し

アクセサリーを入れるも良し



あめちゃんなんかもいいかもね・・・。



どうぞ、お試しあれ~


普通新年に新しいことを始めるんだと思うのだけど

私はちょっと先取り?して

来年のことを今年のうちに始めてみました

このブログのことだけど。




知っている人も多いと思うのだけど

実は私は

25年ほど着物を仕立てる(縫う)仕事をしていました

高校を 卒業してからずっと



3人の子どもを産んで、子育て中もずっと。



43歳くらいの時だったかな

じっと座って縫い物をすることが

とてもしんどくなってしまいました。

肩こりとか・・・・。


このままずっとこの仕事をやっていけるのかな・・・って


で、新しい仕事をするなら

年齢的にこれが最後のチャンスかもって

花屋のパートさんになったんです



そして

いろいろ、いろいろ、いろいろあって

今は、障害のある人と一緒に過ごす仕事になりました


そこで、みんなと一緒に縫い物をすることがあって、思ったのです。


『やっぱり私は手縫いが好きだ~』
って


だから今は、家でチクチク縫っています。

こんな感じ↓↓↓
17-12-31-20-00-24-665_photo

小物入れ


春になったら、どこかで出店したいな~と思っていて

ずっと名前を考えていました。



で、今朝決まったので

ブログも作ることにしたのです

絹が笑うと書いて、手縫い屋『絹笑』⇒てぬいや『きえ』になりました。

いい感じでしょ~


税金払えるくらいになりたいな・・・・(笑)

いやいや、そんなに甘くない(笑)


でも、好きなことを一つ

来年はやってみたいな~って思います。



では、みなさん。良いお年を~